ラテン夫と暮らす日本人妻の日々の日記

TOKYO徒然日記

相棒 メキシコ人

「子ネコになった気分」

投稿日:

私も夫もテレビを全く見ない。

それでもお風呂場とかキッチンで見られるような、防水のポータブルテレビは家にあって、以前は出勤前の身支度をしている間にニュースを聞き流ししていたんだけど、コロナの影響が出てからニュースを聞くのも嫌になって全く見なくなった。
かれこれ3ヶ月以上、、?いやもっとかも。
必要なニュースだったらネットで見れるしね。

そんなわけで天気予報さえ見ないという情報弱者な私達。。。

台風12号が近づいてきていることも知らなくて、母から「明日台風のようだけど出勤?」というメールをもらい、はじめて台風12号が来ていることを知った私。台風の影響か何だか肌寒くて、慌てて毛布と秋冬服を出した。

毛布を出してふと思い出したのだけど、夫が日本に来た初日の話。

私はタオルケットが大好きで、夏だとタオルケット1枚、
冬もタオルケット・毛布・布団のトリプルセットで年中愛用しているのだけど、夫がタオルケットに触れたときに「タオルあるよ?」と言った。
ベットになぜタオル?と思ったんだろう。

今までオーストラリア・カナダを転々としていた私だけど、確かに海外にタオルケットって無い。
「タオルケットだよ。夏だとこれ1枚でいいし、冬だと毛布とか頻繁に洗えないから内側にこれ使うよ。」と教えた。
そしたらシーツじゃダメなのか?と聞いてきた。笑
ベットにあるタオル素材に違和感MAX。笑

ホテルとかにあるやつね!!分かるよ!

私タオルケット好きなんだよね〜ふわふわしてて。と言ったらタオルケットにもふもふと包まれて、
「子ネコになった気分」だと言った。
32歳(当時)の男が言うセリフか?、、、、、なんだか微笑ましい。

それから約4年後、そんな夫はもうタオル素材への違和感はなくなり、お気に入りのタオルケットまで見つけて愛用している。
こうして日本に順応していくメキシコ人。

写真はトイレの窓。カナダで5-6年前に買った香水を使いきれずに放置していたら変色してきたので竹串をつっこんでディフューザーにしてみた。可愛くない?

-相棒 メキシコ人

Copyright© TOKYO徒然日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.