ラテン夫と暮らす日本人妻の日々の日記

TOKYO徒然日記

メキシコの思い出

小鳥たちに起こされたい

更新日:

私たち夫婦はいまのところ1年半に1回のペースでメキシコに行っている。本当は年1回のペースで行きたいけれど、メキシコに行くには最低でも2週間は欲しいし、航空券も高いしで今のところこんなペース。

夫の実家はアメリカにあるから、私たちがメキシコに行くと両親、兄弟たちもみんなメキシコに来るシステムになっている。
何でアメリカの実家に行かない? それは私がメキシコに行きたいから。
せっかくの休暇ですもん、アメリカに行くならメキシコに行きたい。という嫁のワガママで家族中を巻き込んでメキシコで合流するのです。実家に行きたくないのではなくて、アメリカ生活って想像できるでしょ?それだったらメキシコでアドベンチャーしたい。

私はメキシコ大好きで、いちばんの理由は人がみんなおおらかで食べ物がぜーんぶ美味しいところ。(サボテン除外)脂っこい食べ物とビールは相性抜群だし、普段絶対飲まないコーラだってたくさん飲んじゃう。日本とは全く違う食文化でも私の胃は速攻適応するみたい。

それに空がピッカピカの青空で、広い!ちなみに乗り換えでメキシコシティで降りて2日間フラフラしたのだけど、メキシコシティは最強にどんよりしていました。行くべきはメキシコシティじゃないよ、国内線乗り換えして地方に行こう!
(メキシコシティからの乗り換えで国内線に乗る頃にジェットラグが最高潮のタイミングが毎回来るのだけど、夫は私の分まで毎回ビールを頼み、毎回起こしてくる。「ビール頼んだよ。」と笑
私の夫って私にめちゃ甘いなと思うんだけど、このときだけは本気で起こしてくる。笑
私とメキシコを楽しみたいんだねえ〜)

ここでやっと小鳥のはなし。メキシコでは毎朝小鳥たちのさえずりで起きる。
ホテルのフッカフカのベットで小鳥たちのピヨピヨ鳴き声で起きるんだよ?それで、あー朝だーと思って出窓を開けて陽を浴びる。
ディズニープリンセスになった気分になれるんだから〜。

メキシコの好きなところをあげたらキリがないけど、私のなかで小鳥エピソードはけっこう上位ランキングに入る。
早く行きたいな。もはや住みたいわ。

写真は小鳥たちが生息しているホテルの中庭。

-メキシコの思い出

Copyright© TOKYO徒然日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.